この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

おうちで贅沢するなら「訳アリグルメ」がお得!

見た目が劣っても味には問題なし!

見た目が不恰好なだけで、ぐっと安くなる食品があります。

特に、丸い果物や野菜は形が重視されるので、少し歪なだけのものも訳アリ品となっていることがあります。
トマトやスイカ、みかんやじゃがいもなどがよく出回っているようです。
トマトやスイカはカットしてしまえば問題ありませんし、みかんは食べるときに皮を剥いて房ごとに分けてしまいますよね。
じゃがいもは皮を剥く手間さえ惜しまなければ美味しく頂けますし、綺麗に洗って皮ごと蒸すのもおすすめです。

また、色や模様で規格から弾かれてしまうものもあり、皮に色むらがある桃や、網目模様がうまくできなかったマスクメロンなどが挙げられます。
桃はあのピンク色が、マスクメロンは模様が特徴なので、ここが劣ると「見た目が悪い」と言われるようですが、素人からすると全く気にならないのではないでしょうか。

うなぎなどの高級魚も、尾が細すぎるものなどが安くなっていることがあります。

規定のランクに惜しくも届かなかったもの

高級フルーツやお肉などのいわゆる「ブランド食品」には、厳しいチェック項目が設けられています。
フルーツなら糖度などが、お肉なら霜の降り具合などがチェックされます。
これがギリギリ基準に届かなかったものが正式にブランド名を名乗れず、ブランド食品の訳アリ品として安くなっていることがあるのです。
僅差で落ちてしまったものの場合、お値段は安く、味はほぼブランド食品のものを食べることができます。

また、味が規格内でも、小さいために規格外になってしまうことがあります。
フルーツは大玉の方が高額になりますが、贈答用の大玉サイズに届かずランク落ちしているものもあります。
見た目も綺麗、味も良い、ただ小ぢんまりしているだけの可愛いらしい「訳アリグルメ」もおすすめです。
1口サイズの甘いみかんなどは、想像しただけでほっこりしませんか?